先日お取引先の検査項目にTP検査が含まれているため、専門業者へ依頼を致しました。

業者の方が作業工程を簡単にみせて頂きました。

赤い箇所が溶接NGとなります。

 

 

つづいて、弊社製作の部品を検査して頂いた時の様子です。

最初に溶接した箇所に赤い浸透液を塗っていきます。

10分ほど放置します。

その後、溶剤で浸透液を除去します。

最後に現像剤を吹きかけます。

工程を終え、溶接に不具合が無いか目視確認します。

結果、問題なく検査終了です!